お電話でのご応募・ご質問
(平日午前9時~午後5時)

03-5450-8223

「看護師としての人」でなく、「人としての看護師」になれるように、指導に取り組んでいます。

  • 藤原 ふさ子(医務係長)
  • 特別養護老人ホーム上北沢ホーム
  • 急性期、手術室での勤務を経て特別養護老人ホームの看護師として従事
  • 在籍19年目

病院と特別養護老人ホームの違い / 多職種での連携は事業団の強み

19年前に事業団の特別養護老人ホームで働くことになりました。

当時の介護現場は、これから色々なケアを充実させていこうという段階で、今と比較すると行っていなかったこともたくさんありました。まずは、口腔ケアの取り組みとして「最後まで口から食べられるように」ということを目標の一つに、看護的な視点の知識・技術を介護部門と共有するところからスタートしていきました。

病院と特別養護老人ホームの違いは、病院は「治療の場」、特別養護老人ホームは「生活の場」であるということです。

ケアの方向性について検討する場面で、病院であれば医療的に問題が無いということでも、特別養護老人ホームではご家族の想いがそこに入ってきます。難しい部分でもありますが、ご家族の希望も伺い、医療の介入度合いで判断していくこともあります。

ご利用者のバイタルサインは、「治療の場」では、医療の見たてをする上での判断材料ですが、「生活の場」では「その人の生活の質を見たてる指標」となってきます。

特別養護老人ホームでは、ケアを通してご利用者の「その人らしさ」を支援していきます。これを実現するには、様々な職種との密な連携は欠かせません。 事業団の特別養護老人ホームは、世田谷区のセーフティーネットとしても機能している施設で、常勤医師、看護師、介護職、歯科衛生士、機能訓練指導員、生活相談員など様々な専門職が在籍していおり、より充実したケアを提供できる体制となっています。

このような体制のもとで、日常的に専門職間での意見交換が多い職場です。

ご利用者の「その人らしさ」を支援するという軸をぶらさずに、それぞれの職種が専門性を発揮してケアに取り組んでいることが、事業団特別養護老人ホームの素晴らしいところで強みでもあると思います。

人材育成についての考え方 / 「人としての看護師」

「看護師」を育てることと同時に、「人」を育てることを重視しています。

特別養護老人ホームの現場では、様々な人とコミュニケーションを取ります。言葉を聞き取りづらい高齢のご利用者、それぞれ経験や専門性が異なる他職種の職員や、初めて特別養護老人ホームに親を預けるご家族。

サービスを提供していく上で、看護師としての技量ももちろん重要ですが、それを発揮していく為には、こういった方々とコミュニケーションを取り、関わり合い、信頼関係を築く力。いわば「人間力」が必要です。

看護師は、その資格や知識、経験など、それぞれの「宝物」を持っています。

看護師の力ってすごいですよ。自分たちの知識や経験、技術を共有して現場の介護力を上げたり、ケア上の難しい問題を柔らかく噛み砕いたり、気持ちを前向きにさせたりできるのです。その「宝物」を十分に活かすには、「人間力」なんです。

この点を意識して、看護師である前に人として成熟していってほしい。「看護師としての人」でなく、「人としての看護師」になれるように、指導に取り組んでいます。

OJTについて / 安心感をもって従事できるように

新人を迎えた際は、仕事をしていく上で不安に感じないように、しっかりOJTを実施して指導します。「安心感」を持って仕事に従事してほしいと考えているので。

経験者でも少なくても3ヶ月、新卒の場合は1年かけてマンツーマンで丁寧に指導していきます。OJTで指導する側にも、指導される側にもそれぞれマニュアルがあり、教える内容にばらつきが生じないように配慮しています。

研修について

医療知識や技術は日々進歩するため、それに遅れないようにしています。言い方を変えると、「いつ特別養護老人ホームから病院に行っても対応できる看護師であるように」と考えています。看護師という宝を腐らせないように。事業団特別養護老人ホームの研修体系は一般的な病院勤務で受けるものより多いと思います。

まず、事業団の内部研修の体系があります。これは毎月の施設内研修、年数回の職層研修がメインです。施設内研修では、ケアに直結する知識や技術面をテーマごと学びます。(口腔ケア、感染症対策、看取りケア等)また、事業団組織内の他部門の研修にも参加することできます。(他の特別養護老人ホーム施設の研修や訪問看護サービス部門の研修等。)

これ以外に、外部研修として東京都ナースプラザの研修、他の病院等が実施する各種専門研修にも、本人の希望分野をヒアリングした上で、看護師全員が参加できるように調整します。

事業団看護師の専門職委員会では今、看護師のキャリアパス(入社何年目にどういったスキルを身に着け、何を学ぶかを明確にして、組織内キャリアを積んでいくための道筋として示したもの)を検討しており、「学ぶ」という部分をさらに充実させていきます。

就業環境について / 「楽しむこと」を大切に

事業団の特別養護老人ホームは世田谷区のセーフティーネットとして機能している観点で、医療依存度が高い方の受入れも実施しています。そのため常勤医師や同規模施設の3倍ほどの看護師を配置しています。(常勤換算ベース。芦花ホーム、上北沢ホームの体制)

常勤看護師は夜勤もありますが、ナースコール対応や直接的な介護業務は介護職が担当しますので、身体的な負担は病棟と比較すると小さいと思います。

休暇については、お休みはしっかりとって楽しんでもらうようにしています。それで、仕事も楽しむ!これが重要。事業団の休暇制度は充実しています。(年間休日は125日+年次有給休暇ほか、各種有給の特別休暇)とにかく楽しみを見つけて、楽しんでほしいです。

私生活を安定させて、仕事と同じくらい充実してもらいたい。その人の楽しみをみつけることはどんどん応援していきます。そうしないと、仕事でもご利用者に真剣に向き合えないですよね。

看護師の仕事はとても大変です。どうしてもご利用者に対して一生懸命になりすぎて、自分を疎かにしがちだと思います。今度はそのエネルギーを自分自身にも向けて輝いて欲しいです。自分がどういう風に楽しむか真剣に考えてほしい。看護師の笑顔がご利用者の笑顔にダイレクトに伝わるとも思います。

看護師へのメッセージ

福祉の現場の仕事は自身の知恵や経験、工夫を活かし「より良いケア」を考えていくことができる、とても創造的で興味深い仕事です。

看護師の皆さん。福祉の現場で輝いてみませんか。必ず輝かせてみせます。(笑)

施設見学や、入職相談も随時受け付けています。迷っている方は気軽な気持ちで一度様子を見に来てください。お待ちしております。